日本の女性の身体を知り尽くしたワコールの本社へ潜入! | QVCファンコミュニティ

日本の女性の身体を知り尽くしたワコールの本社へ潜入!

QVCジャパン2019.04.09

日本の女性の身体を知り尽くしたワコールの本社へ潜入!

QVCジャパン2019.04.09

QVCのお客様と日本ではじめてブラジャーを作った下着メーカーの老舗”ワコール”本社へ大人の社会科見学に行ってきました!

感動エピソードにほろり、ミュージアム見学

まず最初はワコールの歴史が分かる「ミュージアム オブ ビューティー」を見学。ワコールが創業以来、「世の女性に美しくなって貰う」ことを目標として歩んできた歴史を「見て」「感じる」ことができるスペースです。


「感性・性能」と「耐久性」というのが、私の頭から離れませんでした。確か「感性」の部分を「トレンド、流行」と説明しておられたと記憶しています。流行のみなら、まあ2,3年続けば良いでしょうし、飽きた時点で捨てられるようなお品で十分なはずです。「耐久」なんて必要ないじゃないかと漠然と感じたのです。しかしながら、その後ずっとなぜか考えてしまっていて、ふいに、ミュージアムでみたレースの御下着の話を思い出しました。母から娘さんへ、何十年も経ているのに、色あせすらしていない御下着のことです。最初はファッションとしてお手にされたのだと思います。けれどもお使いだった方の価値が加わり、それが流行や世代を超えた魅力に変化したから、あのお品の形があるのだろうと思いました。一番汚れやすく、消耗しやすい物のはずなのに、残るということは本当に凄いことです。私はそれが御社の、見えない部分の努力の賜物だろうと思ったのです。
※個人の感想です
お母様から、お嬢様に渡り愛された白いスリップの展示は感涙ものでした。本当に愛される下着は、世代を越えて愛着と共に“生涯の下着”にさえ、なり得るのだとの証明を見た思いで感動しました。
企業冥利に尽きるのではないでしょうか…。
※個人の感想です

ワコールの品質の要!! 商品試験センター見学

本社から歩いてすぐの商品試験センターへ移動。
ここでは数々の試験が行われており、ワコールの品質の高さを伺える場所です。

step1,

伸縮疲労度試験

生地などの素材を高速で繰り返し伸び縮みさせ、伸縮による変化を試験します。

 

step2,

破裂強度試験

レース素材のインナーを着るときに指で破いてしまった!なんていう経験をお持ちの方もいるのでは?
ここで行われているのはレース素材強度の試験。レース生地の中でも一番弱い箇所を基準に強度を測ります。

 

step3,

摩擦堅牢度試験

色移りの試験を行う摩擦堅牢度試験では機械が高速で動き、色移りの程度をチェックします。

 

 

step4,

摩擦堅牢度試験 目視判定

重ね着などの繊維同士のすれ作用によるほかへの色移りの程度をチェックします。

step5,

洗濯耐久性試験

ここではさまざまな洗濯条件で洗ったあと、商品を干して縮んだりしないかを確認しています。
このときご家庭で洗濯物を干すときと同じ状態で干すんだそう。生活シーンを想定して試験されてるのが分かります。

商品試験センターでは貴重な見学をさせていただき、独自の試験機械まで造られるほど(何度も繰り返しになりますが)「品質管理に一切の妥協を許さない姿勢」で商品を生み出されている事を知り、息をのみました。また「正しい下着の干し方がある」という事も知れましたので、とても勉強になりました。 ※個人の感想です
様々なシーンを想定して我々消費者の立場にたって、厳しいテストをしている試験センターはワコールの知恵と努力の結集であり、商品はその結実。花を咲かせるまで努力を怠らない様は、美しくもあり、下着ブランドのひたむきな姿勢に胸を打たれ、センター内の洗濯機と共に心が洗われる!?想いでした。 ※個人の感想です

こだわりのデザインに驚き!商品理解

ワコールの商品について説明してくれるのはQVCジャパンのゲストとして登場している「和田千晶」さん。「インティメイト・アドバイザー」という、日本ボディファッション協会が認定したアドバイザーにのみ与えられる資格をワコール第一期生で取得しているんだそう!ビューティーアドバイザーとして接客経験もある和田さんに商品のひみつを教えてもらいました。

使用されているパットにも秘密が!硬いパットだと馴染まずお椀のように浮いてしまいますが、このパットはフィットしやすい柔らかさ。なおかつ綺麗な山ができる型を厳選しているのだそう。さらにパット受けは口の部分を折り返してパットが引っかかるようにすることで中でズレてしまうことを防いでいます。

肩ストラップはどうしたら肩に負担がかからないか考えられて設計されています。太めの幅のストラップなので見えてしまうのが・・と心配される声もありましたが、心配ご無用!ストラップは見せてもOKという発想で作られているんだそう。

「ウイング 癒しの着ごこち [ピオニー]ブラキャミ」という商品名及びデザインには深い感銘を受けました。日本で美しい女性を表す有名な慣用句「立てば芍薬座れば牡丹、歩く姿は百合の花」の「芍薬」を指す英語名[ピオニー]。女性の「内面の美しさ」を表す花言葉[ピオニー]を大胆にデザインした商品は、大変優美で着用すると心が豊かになり優しい気持ちになれます。レースにあしらった花に密かなメッセージを込められたのかな??と思うと、さすがワコールさん!と感服いたします
※個人の感想です。
真面目に努力している企業さんなんだなぁという感想です。そしてそこが何よりの強みであり、特徴であり、魅力なのだと思います。日本人女性の下着をひたすら考え続けてきた企業、それがワコールであるということ。 ※個人の感想です

ウイングの着心地を体験!

続いてはお待ちかねの採寸!プロのフィッターさんに採寸してもらいます。
プロポーションカードに採寸した結果を記入してくれます。これでせっかく測ってもらったのにサイズをうっかり忘れちゃった!なんてこともないですね。
(※一部店舗ではお取扱いがございません。)

 

採寸を体験したみなさんに感想をいただきました。

初めて手にした瞬間 『何!この軽さと柔らかさ!』と驚きでいっぱいでした。柔らかい分、バストメイクは無理だと思っていましたが着てみるときちんとバストアップされていましたのでえーこんなに柔らかいのに!と更にびっくりしました。
全く締め付け感がなく、何にも着ていないかのような感覚です。今までで初めて味わった感覚でこんな下着もあるんだと思い知りました。 ※個人の感想です
見た目は巷で良く見るブラキャミかと思いきやトップシークレットのワコール商品試験センター内の数々の難関クリアしただけあってモダールの光沢、羽の様な軽さ、柔らかさ、つけ心地、フィット感、殆良いサポート力等、身に付けなければわからない快適さを体験出来、これこそがワコールの実力、商品力だと、実感出来ました。 ※個人の感想です
試着さえてもらってビックリ。ちゃんとバストアップしてる!脇に漏れてた第2の胸が収まってる!普段の通勤日にも着てみましたが、まったく問題なし。(お手洗いにいく度、多少は整えましたが)さすがワコールだなっと思いました。 ※個人の感想です
身につけて、それが案外、感じにくいくらい、つまり何も身に着けていないようなくらい、心地よいものでした。また、会社の歴史や信念にも触れることができ、そこからの裏付けというのも、着心地に含まれました。※個人の感想です

 

最後に圧巻のブラ展示の前で記念撮影!

ワコールポーズ?でパチリ♪おつかれさまでした!

下着選びのプロ 和田さんに聞いてみよう!

みなさんも下着について悩みはありませんか?
みなさんのお悩みを下着選びのプロである和田千晶さんがアドバイスしてくれます!
下のボタンをクリックして質問してみてくださいね。
さらに質問いただいた方の中から抽選で素敵なモニター商品もご用意!
ぜひご応募ください。


お友だちにも教えよう!

コメントを残す


関連トピック