コッコフィオーレを製造するハンドバッグの老舗プリンセストラヤさんへ潜入! | QVCファンコミュニティ

コッコフィオーレを製造するハンドバッグの老舗プリンセストラヤさんへ潜入!

QVCジャパン2019.05.24

コッコフィオーレを製造するハンドバッグの老舗プリンセストラヤさんへ潜入!

QVCジャパン2019.05.24

QVCジャパンに出演して17年目になるコッコフィオーレを製造するハンドバッグの老舗プリンセストラヤさんにゲストの三澤さんと行ってきました♪

5/28に登場する新作アフロディーテの革を体験

布のような状態の革に触れる機会は意外とないもの。
新作アフロディーテの革に触れながら革の説明を受けました

体験いただいたみなさんの声

やちろうやっち さん

色彩の美しさは、画面で拝見する以上で素晴らしかったです。皮の柔らかさに驚きました。皮の裏側をまじまじと見る機会はあまりないので、有意義でした。 ※個人の感想です

晴海 さん

芸術的な感じでとてもいいと思いました。この革の一部でこのバック、お財布が出来ているんだと改 めて感じる事が出来ました。色のグラデーションが大きいとより分かりますし、光沢感もよく分かります。素晴らしい革を 使用しているというのが伝わります。※個人の感想です

新商品を一足早く体験してみました

コッコフィオーレ定番の商品から新作の商品まで商品を着用してみたり三澤さんとお話しながら、じっくりとコッコフィオーレの商品に触れました

新商品を体験いただいたみなさんの声

晴海 さん

一目惚れしました!バラの模様が大好きなのですが、バック等を目にした瞬間に『欲しい—-っ!使 いたい—っ!』という思いが強く沸いてきました。デザインがとても好きです! アートですね!絵画を観ているような「 なんて綺麗で美しい」という思いで一杯になりました。 ※個人の感想です

シャネル ココ さん

薔薇の柄が立体的で、色使いがキラキラと輝いていて、宝石のようで大変気に入りました。魅力は色使いは勿論のこ と、更に傷が付きにくく、綺麗な状態を長く継続できる点だと思います。
※個人の感想です

チャロ猫くん さん

カタログやスマホの画面では、はっきりしなかった細部の造りやデザインがよくわかり、実際に使用 したサイズ感が感じられました。手に取ったフィット感やショルダーを肩に掛けたときの体への添い 方などを実感して、自分で日常に使用した時のワクワク感が目に浮かび、是非、買って使ってみたい 気持ちが高まりました。
※個人の感想です

アウル さん

コッコフィオーレが現在までのモザイク柄から変化するとは想像していなかったのでどんな経緯かと てもワクワクして拝聴しました。この斬新な商品を企画されるまでに携わった皆さまの熱い思いも知る事ができ、感動しました ※個人の感想です

新商品への想いを聞きました!

ゲスト 三澤さん

「COCCO FIORE」FIOREとはイタリア語で花と言う意味です。コッコフィオーレの誕生はイタリアのマテリアルで花園のような美しいブランドにしたいという思いで名付ました。15年の長きにわたりCOCCO PERULA革を愛してくださった皆様に、令和というこの新しい時代にふさわしい革新的な、美しい「アフロディーテ」がデビューできますこと本当に嬉しい限りです。これからも「COCCO FIORE」はイタリアの美しいマテリアルを皆様にご紹介いたしまして、皆様が幸せなお気持ちでお持ちいただけるようなバッグ・グッズのご紹介、たくさんの躍進的な美しい花園のようなブランドにいて参りたいです。

担当バイヤー

コッコフィオーレは2004年のデビューから約15年に渡り、数多くのお客様に愛されQVCを代表するブランドとして成長してきました。
ブランドの象徴であるクロコダイル型押しエナメルレザー、コッコペルラは色やなめし方、仕上げの方法を変えながら様々な表情を作ってきましたが、根本的なイメージは15年間変わらず今日に至っています。
令和となった2019年、新たなコッコフィオーレとして、新たな表情をQVCのお客様にお届けするためアフロディーテがデビューします。
この先もコッコフィオーレは1つの表情に留まることなく、新たなコレクションを発表するレザーブランドとして進化していきます。

老舗の技術が詰まった工房へ潜入


型紙裁断工程

製図をみながら型紙を作成してきます



革裁断工程

型紙に沿って革をきっていきます
スムーズな手さばきは鍛錬のたまもの!



コバ塗り工程

革の裁断面に色付けします


バッグ・袋物の歴史を学ぶ

プリンセストラヤさんには袋物参考館というバッグや袋物の展示資料館があります。
世界50ヶ国のバッグ・袋物や江戸時代の煙草入れや印籠な貴重などバッグがずらりと展示されていて圧巻。
時代と共に変化してくバッグの流行にみなさん興味深々でした。

おつかれさまでした♪

バッグの歴史からコッコフィオーレの新作商品までたっぷりと革について学んだ一日となりました。


お友だちにも教えよう!

コメントを残す


関連トピック